フリーランスで結婚式計画を立てるやりがい

ウエディングプランナーがフリーランスをすることのやりがいは自由の獲得によるものです。

この仕事を目指す人はカップルの望む結婚式の実現を考えていると共に、自分が理想としている最高の結婚式をいつかは実現してみせたいという気持ちを持ち合わせています。そういった際に足かせとなってしまうのが式場やプロデュース会社によって課せられている制限です。

提携している企業が決まっていてその枠組みから出ることができなかったり、披露宴の会場が限られていたり、提供してよいプランが決められていたりします。そういった制約のもとでしか働けないということが苦に感じ、大志を抱いてフリーランスを始めることになるのです。

そうすることによって制約を受けることがなくなり、自由にプランを立てていくことができるようになります。式場やルールを前提とするのではなく、実現したい結婚式の理想を前提としてプランを立てられるためより理想が実現される可能性が高まるでしょう。典型的でなかったり行われたことがなかったりする形の結婚式であれば、それを実現するための方法を考案する必要が生じます。それにより自分にしかプロデュースできない結婚式を生み出すことができるのがウエディングプランナーがフリーランスをする最大のやりがいなのです。

また、その結婚式の中に自分でより良いと思う小さな要素も組み込んでいくことができる自由があるのもやりがいにつながる重要なポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。